ホーム > 管理者挨拶

養護老人ホーム ライトホーム 施設長
小規模型介護老人福祉施設 リデルホーム黒髪 施設長
地域密着型介護老人福祉施設 リデルホーム龍田 施設長

  中山 泰男






地域の高齢者から一番多い質問は、老人ホームが多すぎて何を基準に選べば良いのか分からないと いうもの。たしかに2025年の後期高齢者の増加を見込んだ、民間ベースでの建設ラッシュが続いて いる。いわゆる介護が必要になった場合に、高齢者世帯の受け皿を大急ぎで準備 しているのだ。そもそも福祉施設とは、戦後の身寄りのない高齢者に住まいを提供するといった保 護事業から始まっている。その後、2000年の介護保険導入によって民間事業者へも門戸が開か れ、契約に基づくサービス提供の仕組みへと移行した。予算との比較、サービスの質の程度、通院 への対応などが基準となるだろう。一方、社会の中で、誰にも相談できない事情を抱え我慢の 暮らしを続けている方、特異な性格や障害によって他者とうまくやれない方、生活困窮にあってギ リギリの状態にある方など、福祉的な支援が必要な方々がいることは周知の事実である。どのような 事情があるにせよ、社会へ背を向けて生きざるを得なかった方々人間回復や家族関係の修復など 、ソーシャルワーク機能は私たち、福祉施設が担ってきた一番の役割だと考えている。また、要介護度が重くなったとしても、住まい 続けられる家があることは大きな安心につながる。当施設は創業の歴史や「法人理念」を踏まえて、職員一同が全力で取り組んでいるところである。ただ、 残念なことに当施設でも介護人材は不足気味である。生活相談員や介護職員として働く皆様に是非と も伝えたいことがある。それは、人間の死に携わる仕事は、とても尊く、最高に名誉ある仕事だというこ と。人にはそれぞれ歴史がり、その上で、老化・疾病・余命・家族関係など、沢山のことを受け入れな がら現在へ至って居られる。老いても心は生きているし、折れそうになったり、涙することもあるだろう。そ のような時に皆さんに寄り添っていて頂きたいのだ。福祉職は「聖職」とも言われる所以はそこにある。 世間や家族、友人に自慢できる仕事だということである。その意味をしっかり理解し伝えて欲しいと思う。



地域密着型介護老人福祉施設 ノットホーム施設長

  吉井 壮馬


リデル、ライト両女史が眠るめぐみが丘の麓に、降臨教会を囲むように、特別養護老人ホーム「ノットホーム」 (地域密着型介護老人福祉施設:定員29名)は地域交流スペース「ちこす」を併設し、平成27年5月1日に開 設いたしました。私たちは、ハンナ・リデル、エダ・ハンナ・ライト両女史の精神を継承し、社会福祉法人リデル ライトホームとして、社会福祉事業を行ってまいりました。新たな施設は、ハンナ・リデル女史とともに回春病院 の共同創設者であったグレイス・ノット女史を記念し、「ノットホーム」と命名いたしました。ノットホームは、 居室の全室の出窓に~ちょっとおしゃれに~赤い窓飾りをあしらった建物になっています。地域密着型介護老人福 祉施設とは、定員が29名以下の小規模な特別養護老人ホームです。常に介護が必要な方(要介護度3以上)を受 け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援等を、明るく家庭的な雰囲気のもと、地域や家族との結びつきを重視 した運営を行うこととされています。地域交流スペースは、地域住民が集い、地域福祉の活動を行うことや、施設 内における交流を目的とし、名称を「ちこす」といたしました。これらのことは、私どもの法人がキーワードにし ている「地域」「住まい・生活」「歴史」を具現化したものとなっています。入居の皆様の生活支援を行ううえで、 重要なものは周囲をめぐる「環境」です。その一つに人そのものである社会的な環境があり、職員のことを指しま す。介護を担う人材不足が現実の問題である状況のなかで、多くの職員が集まってくれました。開設時24名の職 員のうち、19名は新規採用の職員です。開設までの1ヶ月間リーダーを中心に研修を行い、不安と緊張が織り交 ざる中、開設の日を迎えたのではないでしょうか。開設の日には、4名の入居の方をお迎えし、6月には全ての方 にご入居いただきました。開設からこれまでの9ヶ月間に職員は、入居の方々、ご家族、上司や同僚との関わりの 中から、多くを学び、経験しています。その成長していく姿に、職員の「力」を感じています。

在宅部 管理部長

  春日 義人


私は、介護保険が始まった平成12年頃から地域の高齢者の方々に対する在宅支援を担当するようになり、 今日に至っています。よく「高齢者がいくつになっても住み慣れた地域でその人らしく生活できるように・・」 と言われますが、このような在宅生活とは高齢者一人ひとりにとってどのようなものでしょうか?これは 「高齢者が安らげる空間(自宅、地域)で、その方らしく誇り(アイデンティティー)を持ち、自分らしい楽しみ、 生きがいのある自己実現ができるような充実した生活を続けていく」ことだと思います。このような生活が出来る (実現する)よう私たちはデイサービス、訪問介護、ショートステイなどのサービスとケアマネージャーが一体と なり地域包括ケアのなかで支援してまいります。




養護老人ホーム ライトホーム 管理部長

  園山 弥生


経済的な面や環境面で、一人で住まう事が難しくなってきた方、医療機関からの退院後の居場所が無い方 など様々なケースの方が「住まい」の拠点と選択していただけるのが「ライトホーム」であり、セーフティー ネットの機能、役割も担っています。ご本人様の持っている力と私たちのほんの少しの見守りや支援で共に生 活を作り、この黒髪の地域に馴染んで頂き、地域の方々に支えられ、その人らしく人生を謳歌し有意義に暮ら し続けていただけるよう努めていきたいと思います。







小規模型介護老人福祉施設 リデルホーム黒髪 管理部長
地域密着型介護老人福祉施設 リデルホーム龍田 管理部長

  吉鶴 喜代美


誰もがいつまでも自分らしくあり続けたいと思うことは、とても自然なことだと思います。 それは、重介護、医療依存度が高くなっても何も変わらないと考えています。 いつまでも「らしく」あり続けるお手伝いができる様、生活を継続して頂けるように お一人お一人の「今、できること探し」を職員みなで取り組んでいます。
「生活」の中で、「できること」はきっとみつかります。











小規模多機能型居宅介護事業所 コムーネ黒髪 所長

  松永 佳子


小規模多機能型居宅介護事業所 コムーネ黒髪は地域密着型事業所として、黒髪校区第4町内 地域住民の方々と共に認知症ケアの啓発活動を行っております。熊本市立桜山中学校とは、平成19 年の開設当初に学校・地域住民・事業所と協同し、連携事業を始めました。現在ではその活動が、 年間行事として継続できる体制となり、これらは地域住民の方々のご理解・御協力があっての事と 存じます。これからも地域に根差した事業所として、地域と共に活動していきたいと思います。









総合生活支援センター カムさぁ 所長

  前田 晃子


龍田拠点は、地域密着型ユニット型介護老人福祉施設(定員20名)、グループホーム(定員9名)、 グループホーム共用型デイサービス(平成28年5月開設予定)、放課後等デイサービス(平成28年3 月開設予定)等、様々な事業所が高齢者・児童の生活の中で、「喜び」「感謝」「命の尊さ」等を学び 合いながら毎日の暮らしが営まれています。また、当法人の事業所と龍田校区にある介護サービス事業所が連絡 会をつくり「自分らしく暮らし続けることができる龍田校区」を目指し地域の皆さんと共に活動しています。 平成26年12月より認知症カフェ(第2日曜日13:30~15:30)を開始、龍田校区の介護拠点とな れるよう今後も運営して参ります。



地域密着型介護老人福祉施設 ノットホーム 管理部長

  米田 正人


平成27年5月に開所した地域密着型の特別養護老人ホーム。「地域」「住まい・生活」「歴史」をキーワードとして、 地域の皆様に愛され、個室のみならず「施設」ではなく「住まい」としての居住空間を構築し、リデル、ノット、ライト、 3女史の「愛と奉仕の精神」を継承していく努力をしていきます。







事務部長

  木村 准治


これまでは機能訓練指導員として特養、通所介護を経験し、医療ではなく介護分野でのリハビリの在り方について常日 頃考えてまいりました。現在は事務所に所属し、これまでの経験を活かし法人内部のことだけではなく、社会貢献活動や広 報活動と幅広く活動の場を担当させていただいております。平成28年は法人活動、地域や行政の情報を 広くホームページや広報誌という媒体から発信していきたいと思います。また、120年という長い歴史と伝統、経験のある当 法人に所属できることを誇りとし、今後更なる個人のレベルアップと様々な方へのお役に立てるよう努めてまいりたいと思います。





事業所一覧
小規模ユニット型介護老人福祉施設
  リデルホーム黒髪
地域密着型ユニット型介護老人福祉施設
  ノットホーム
地域密着型ユニット型介護老人福祉施設
  リデルホーム龍田
短期入所生活介護
  リデルホーム黒髪
養護老人ホーム
  ライトホーム
通所介護事業所
  ユーカリ苑
小規模多機能型居宅介護事業所
  コムーネ黒髪
グループホーム
  カムさぁ
放課後等デイサービス
  カムさぁ
熊本市高齢者支援センター
  ささえりあ浄行寺
居宅介護支援事業所
  リデルホーム
指定訪問介護事業所
  リデルホーム

季刊誌 ゆうかり新聞
平成28年9月春号
平成28年6月春号
平成28年1月冬号
平成26年9月秋号
平成26年6月夏号
平成26年3月夏号
平成25年12月夏号
平成25年9月夏号
平成25年7月夏号
平成24年10月冬号
平成24年7月夏号
平成24年4月春号
 法人概要  経営情報Ⅰ  経営情報Ⅱ  各種パンフレット  リンク
沿革 事業計画 社会貢献活動 熊本市養護老人ホーム ピネル記念病院
法人理念 事業報告 社会福祉法人減免 全国版養護老人ホーム NPO法人おーさぁ
定款 貸借対照表 苦情解決体制 ピアノ修復記念誌 テクニカル工房
組織概要 資金収支決算書 苦情報告 社会福祉法人ライン工房
役員名簿 事業活動決算書 事故報告 小笠原嘉祐
役員報酬規程 財産目録 第三者評価
現況報告書 法人監事監査報告 委員会
職場風土改革促進事業 年度別決算報告書 キャリアアップ研修計画
一般事業主行動計画 役員会開催状況 介護職員処遇改善加算
職員データ 協力病院
防災対策